外国為替証拠金取引(FX)でハイリスク投資!投資信託で堅実に国際分散投資!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ブログランキング参加中■
投資に役立つブログがいっぱいです♪
人気ブログランキング 外為ランキング にほんブログ村 為替ブログへ FC2ブログランキング 投資ランキング倶楽部
外国為替投資ランキング

2005/12/18(日)
 2006年の投資信託の予算案を作成していて、資産の中にキャッシュというポジションを作る必要があるのではないかと考えはじめました。

 そもそも、投資の本を読むと、2年程度の生活費に相当する「生活防衛資金」をまずキャッシュで持たないといけない、と勧めているものがあります。

 私の場合は、相場の急落があった場合に、買いを入れるためのキャッシュというポジションを明確にする必要があるな、と感じています。今月はボーナスが出たため割と多く買い増しをする予定なのですが、生活防衛資金を兼ねた買い増しをするためのキャッシュというポジションを明確に口座から分けておかないと、生活費との区別ができなくなり、生活費が足りなくなるという問題が発生しております。

 ま、私の場合は投資好きなので、手元にキャッシュがあるとすぐにファンドを買い増しをしたくなる病、にかかっているので余計このように感じるのかもしれません。

 よって、2006年からアセットアロケーションの中にキャッシュというポジションを設けようと思います。私の場合、ここに公開しているのがすべての投資資金ではないため、「HP公開用の理想的なアロケーション」を築くために口座を分けてあらたにキャッシュポジションを築いていきたいと思います。

 どちらにしても、年末に今年の投資結果を見た上で、どれくらいのキャッシュポジションを持つべきなのか考えていきたいと思いますが、源泉は給与所得からの積み立てで行なっていきたいと考えています。

 相場の急落や下げ相場に入ったと判断した場合、このキャッシュポジションから下がった銘柄への買い増しを入れたいと思います。
スポンサーサイト

■ブログランキング参加中■
投資に役立つブログがいっぱいです♪
人気ブログランキング 外為ランキング にほんブログ村 為替ブログへ FC2ブログランキング 投資ランキング倶楽部
外国為替投資ランキング

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yukkishizuku.blog31.fc2.com/tb.php/48-2764c740
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
安定した投資結果を出すプログラムの重要性
2005/12/19(月) 19:02:05 | テクニカル投資(IQE)の株式投資ブログ (Trading Room A.M.5:00)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。