外国為替証拠金取引(FX)でハイリスク投資!投資信託で堅実に国際分散投資!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ブログランキング参加中■
投資に役立つブログがいっぱいです♪
人気ブログランキング 外為ランキング にほんブログ村 為替ブログへ FC2ブログランキング 投資ランキング倶楽部
外国為替投資ランキング

2005/12/31(土)
2005年12月全体


■全体概況

投信:3,669,033(+727,033)
FX:3,120,126(+272,400)
---------------------------
合計:6,789,159(+999,403)117%

 先月と比較すると、全体の金額として100万近く残高を伸ばす事ができました。と言っても、別に投資利回りが大幅に向上したのではなく、余っていたお金とボーナスを投資に回したのが大きかったのですが。

2005年12月FX


■FX概況
 FX部門ではFOMC後の大幅な円高にも負けずに、若干ですが取引証拠金を伸ばす事が出来ました。
 ただし、ここには掲載していない含み益が実は100万以上あったのですが、ドル円で比較的大き目のポジションを作っていたためにすべて吐き出してしまう事になってしまいました。今回は損切りが素早かったため元本割れまでに至らずにホッとしています。
 またチャンスを見つけて果敢にポジションを作って行きたいと思います。
 前月の280万から今月312万で+27万円(前月比110%)、目標との乖離率は97%になりました。先月に引き続き目標金額に負けている事になっています。
 ※全体の目標金額を見直したため、FXの目標月利も5%→3.5%に下げています。

2005年12月投資信託


■投資信託
 投信部門は日本株とエマージング株の上昇により相変わらず順調に推移しています。エマージング株の比率が大きいのが当面の課題なのですが、今のところ利益確定をする気はあまり無いので全体の金額が増える事による構成比低下を待つしかなさそうです。
 今月は、大きく買い増しをしているため、全体のパフォーマンスとしては120%と先月とあまり変化はありません。特にマネックスで手数料無料キャンペーンがあったため、物価連動国際について大きく買い増ししています。
 また、Citi Bankに口座を開いてヘッジファンドの買い付けをしましたが、まだ約定していないため今回の表には反映されていません。

※ヘッジファンドについて
 ヘッジファンドの組み入れを行なった理由は来るべき下げ相場のリスクをヘッジするためです。下げ相場で絶対値幅を取れるヘッジファンドを今後も探し出して、ポートフォリオでの比率を上げていきたいと考えています。
スポンサーサイト

■ブログランキング参加中■
投資に役立つブログがいっぱいです♪
人気ブログランキング 外為ランキング にほんブログ村 為替ブログへ FC2ブログランキング 投資ランキング倶楽部
外国為替投資ランキング

2005/12/31(土)
 以前目標で海の見えるマンションを買いたいと書きましたが、2005年の締めくくりと2006年新年を迎えるにあたって具体的な金額に落とし込んで目標としたいと思います。
 2010年12月までにこのブログの資金を5000万円まで増やす事を目標とします。ちょうど、これを書いているのが2005年12月末なので、丸々5年間ある事になります。

■FX

 これまで目標月利5%としてきましたが、上記の目標にそって計算しなおすと3.5%で良い事になります。よって、FXの目標を見直します。

■投資信託

 月の積立を10万前後で回していきます。ただ、定期的に積み立てているのは一部で、あとは基準価格が下がったら買い増しをするというタイミング戦略で行きたいと思います。よって、月の積立金額は一定ではありません。

■キャッシュ

 2006年1月からキャッシュのポジションを作っていきます。投信に積立できなかった分を振り込んでいきます。投信で値下がりしたものがあれば、キャッシュから買い増しをしていきたいと思います。


 5年間というのは長期投資家からすれば非常に短い期間になります。これはあくまでもこのブログの目標であり、私のプライベートの目標はもっと長期の投資になりますのであしからず。

 5年間で5000万貯めようと思ったら、よほど収入が多い方でないと無理かと思います。しかし、私は普通のサラリーマンなので収入は一般的なレベルです。このように少ない資金で高い結果を上げようとする場合は緻密な銘柄選択とタイミング戦略が有効であると考えています。あるセクターのファンドが下がったらタイミングを逃さずに買い増ししていきたいと思います。

 半期に一度くらい目標通りに計画が進んでいるか見直して、プランを修正していきます。

■ブログランキング参加中■
投資に役立つブログがいっぱいです♪
人気ブログランキング 外為ランキング にほんブログ村 為替ブログへ FC2ブログランキング 投資ランキング倶楽部
外国為替投資ランキング

2005/12/18(日)
 訳あってCITI BANKに口座を開きました。そこで感じた事をちょこっと書いてみたいと思います。

①この銀行は敷居が高い - 提携ATM手数料を無料にするためには口座残高100万だそうです、、、。CITI BANK独自のATMが少ないだけに(国内で100無いようです)かなり敷居が高いですね(私の場合CITIの支店がすぐ近くに4つ以上あるので問題ありませんが)

②Gold Programというものがあるらしい - 1000万以上預けるとCITI Goldというメンバーになって色々と優遇されるらしいです。海外送金などが無料になるので、これは目標としたいですね(笑)。2000万以上だとさらに優遇されるそうです。興味のある方はこちら

③通常でも海外送金手数料が安い - 普通の銀行ならば1回5000円くらいしますが、3500円でできます。さらに前々月の預け金が100万以上あると2000円になってしまいます。さらにさらに上記の通り1000万以上預ければ無料。これは、将来海外に口座を開きたいと思っている方には非常に使えるサービスだと思います。

 以上、CITI BANKに口座を開いて感じた雑感でした。

■ブログランキング参加中■
投資に役立つブログがいっぱいです♪
人気ブログランキング 外為ランキング にほんブログ村 為替ブログへ FC2ブログランキング 投資ランキング倶楽部
外国為替投資ランキング

2005/12/18(日)
-2005年12月18日 初載
-2006年03月21日 住信コモディティーを購入中銘柄へ移動

名称 経費 チャート 備考
トピックスオープン 手数料:0
信報:0.651
留保:0
Y! パッシブ日本株のコア。今持っている口座で自動積み立てできるのでこれを選びました。インデックスならどれでも大差ないと思います
さわかみファンド 手数料:0
信報:1.05
留保:1.5
Y! 日本株サテライト。投資方針に好感が持てます。下げ相場にも強い
中央三井外国株式インデックスファンド 手数料:1.05
信報:0.84
留保:0.2
Y! パッシブ外国株のコア。長期で持つ場合は経費が一番安く済みそうです
HSBCチャイナオープン 手数料:3.15
信報:1.89
留保:0
Y! 外国株サテライト。中国の成長力期待とファンドの好成績
HSBCインドオープン 手数料:3.15
信報:2.1
留保:0
Y! 外国株サテライト。インドの成長力期待とファンドの好成績
SGロシア東欧株ファンド 手数料:1.05
信報:0.92925
留保:0.3
Y! 外国株サテライト。ロシア・東欧の成長力期待とファンドの好成績
中央三井外国債券インデックスファンド 手数料:1.05
信報:0.735
留保:0.1
Y! パッシブ外国債券のコア。インデックスタイプの債権ファンドで他に良いものがありません
三菱UFJ外国債券オープン(毎月分配型) 手数料:1.05
信報:1.05
留保:0.3
Y! 外国債券のサテライト。メインで使っている銀行の優遇狙い(笑)
DKA J-REITインデックス(毎月決算型)(ビルオーナー) 手数料:1.575
信報:0.6825
留保:0.3
Y! 日本REITのコア。毎月分配は気に入りませんが、、、
DIAMワールドリートインカム(毎月決算)(世界家主倶楽部) 手数料:2.1
信報:1.659
留保:0.3
Y! 海外リートのコア。毎月分配は気に入りませんが、、、
世界物価連動国債ファンド(物価の優等生) 手数料:1.05
信報:0.945
留保:0.2
Y! 世界のインフレ対策
DKA物価連動国債ファンド(未来予想) 手数料:0.525
信報:0.42-0.63
留保:0.1
Y! 日本のインフレ対策
住信コモディティーオープン 手数料:3.15
信報:1.4175
留保:0.3
Y! 小額で積み立てできるコモディティーはあまり多くありません
ソル・ジャパン・ファンド 手数料:3.15
信報:1.5+実績報酬20.0
留保:0
下げ相場でのパフォーマンスが良いので

■ブログランキング参加中■
投資に役立つブログがいっぱいです♪
人気ブログランキング 外為ランキング にほんブログ村 為替ブログへ FC2ブログランキング 投資ランキング倶楽部
外国為替投資ランキング

2005/12/18(日)
 2006年の投資信託の予算案を作成していて、資産の中にキャッシュというポジションを作る必要があるのではないかと考えはじめました。

 そもそも、投資の本を読むと、2年程度の生活費に相当する「生活防衛資金」をまずキャッシュで持たないといけない、と勧めているものがあります。

 私の場合は、相場の急落があった場合に、買いを入れるためのキャッシュというポジションを明確にする必要があるな、と感じています。今月はボーナスが出たため割と多く買い増しをする予定なのですが、生活防衛資金を兼ねた買い増しをするためのキャッシュというポジションを明確に口座から分けておかないと、生活費との区別ができなくなり、生活費が足りなくなるという問題が発生しております。

 ま、私の場合は投資好きなので、手元にキャッシュがあるとすぐにファンドを買い増しをしたくなる病、にかかっているので余計このように感じるのかもしれません。

 よって、2006年からアセットアロケーションの中にキャッシュというポジションを設けようと思います。私の場合、ここに公開しているのがすべての投資資金ではないため、「HP公開用の理想的なアロケーション」を築くために口座を分けてあらたにキャッシュポジションを築いていきたいと思います。

 どちらにしても、年末に今年の投資結果を見た上で、どれくらいのキャッシュポジションを持つべきなのか考えていきたいと思いますが、源泉は給与所得からの積み立てで行なっていきたいと考えています。

 相場の急落や下げ相場に入ったと判断した場合、このキャッシュポジションから下がった銘柄への買い増しを入れたいと思います。

■ブログランキング参加中■
投資に役立つブログがいっぱいです♪
人気ブログランキング 外為ランキング にほんブログ村 為替ブログへ FC2ブログランキング 投資ランキング倶楽部
外国為替投資ランキング

2005/12/18(日)


 かなり話題で有名な本です。このような商品に投資しなさい、というような事はあまり書いておらず、投資をどのような心構えで行なえば良いかという視点から懇切丁寧に説明してあります。

 安易な投資に対して警鐘を鳴らしており、投資を行なうには生活費2年分の「生活防衛資金」を貯めてからでないと危険と言い切っている。具体的には1000万と言っているが、それは個人のライフスタイルにもよるので実際にはもっと少なくても良いと思うが、この考え方には共鳴できます。

 また、収入の最大の源泉は労働であり、仕事をがむしゃらにやることにより、投資に必要な感覚が身につくとも書いてあり、この点にも共感できます。

 とにかく、安易な投資を戒めて、ゆっくり、しかし確実に実績を上げていきましょう、という内容に終始しており、そこからはある意味読者に対する親身さを感じさせられる。

 株で1億円!なんていう本を読んで熱くなっている方は、この本を読んで投資戦略を見直した方が良いと思います。

【こんな方にお奨め】
①自分の投資戦略を根底から見直したい方
②相場で熱くなっている方
③GamblingとInvestmentの区別がつかない方

■ブログランキング参加中■
投資に役立つブログがいっぱいです♪
人気ブログランキング 外為ランキング にほんブログ村 為替ブログへ FC2ブログランキング 投資ランキング倶楽部
外国為替投資ランキング

2005/12/18(日)
現在は大きい必要とか思われるため上記の2ファンドを12月はちたちが、大きい口座とか大きい本格とか思われるため上記が主な理由になります
特に?が最大の理由になります
DKA物価の優等生
マネックスが手数料無料の現在にある程度まで金額を買い付けていきたいと思います
だよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「はち」が書きました。

■ブログランキング参加中■
投資に役立つブログがいっぱいです♪
人気ブログランキング 外為ランキング にほんブログ村 為替ブログへ FC2ブログランキング 投資ランキング倶楽部
外国為替投資ランキング

2005/12/16(金)
2005年12月FOMC後ドル円チャート


 あまり市況の事を書くつもりはありませんが、為替相場が1年に1回あるかないかの大相場になっています。

 13日(火)の深夜に発表されたFOMCで米金利が利上げされたのは良いもののこれまでずっと使われていた「超低金利政策」という文言が削除されたため、FRBが金利政策を緩和からマーケット中立に変更したとの思惑が広がり、なんとドル円が121円前半→本日115円後半まで暴落しました。実に2日で5円下落となりました。

 これについて私は何をいうつもりもありませんが、一言。

 今回のドル円暴落で大損をした人多そうということです。

 私ですか?私は途中からドル円Lをドテンしたため、大事には至りませんでしたが、実は150万ほどあった含み益をほとんど吐き出してしまいました、、、。

 しかし、元本は割り込まずに済んだのでまあ良しとするべきでしょう。この相場で損失を最小限にできた事を素直に喜ぶべきでしょう。

 とういわけで、今度はいつドル円Lに入っていくか、、、のタイミングを計ることになるのですが、余計な投機筋の仕掛けで資金を危険に晒したくないので、今のところノーポジションで相場の成り行きを見守っています。

 みなさんも、このような相場の剥き出しの暴力があることを忘れずに、資金を堅実に増やしていきましょう。

■ブログランキング参加中■
投資に役立つブログがいっぱいです♪
人気ブログランキング 外為ランキング にほんブログ村 為替ブログへ FC2ブログランキング 投資ランキング倶楽部
外国為替投資ランキング

2005/12/15(木)
2006年投信予算1次案


 今日は割りと暇だったので2006年の予算案を作ってみました。上の表は2006年末時点での比率がどうなるかを表しています。かなり分散が進んできたと思いますが、理想のポートフォリオと言うにはまだ問題が多くあります。

①日本株の比率が小さい → 2006年の予算では積立金額が不十分なため、2007年までかけて比率を上げていく事になりそうです

②外国株の比率が小さい → 2006年の予算では積立金額が不十分なため、2007年までかけて比率を上げていく事になりそうです。ただし、急激な円高局面があれば積立額を増やしたいと思っています

③エマージング株の比率が高すぎる → 2006年はインドと中国の積立を中断して、比率を下げる努力をします。ただし、よっぽど相場が暴落した場合は買い増す予定です。こちらも相対的な比率が所定の位置まで下がるには2007年までかかりそうです

④不動産の比率がやや低い → これは下げ相場に入ったら積立額を増やす事により、2006年中に所定の割合まで上げていきたいと考えています

⑤コモディティーをどこかで5%ほど積み上げたいのですが、相場環境を見て判断したいと思います。チャンスがなければ2007年までの検討課題となりそうです。狙いはやはり金なのですが、他によいものがあればと、投資対象を探しているところです

 1次案を作成してみて感じた問題は以上です。12月末になり2005年の結果が分かればまた数字は多少異なってくると思いますので、今月いっぱい改善の余地は無いか考えていきたいと思います。

 ちなみに、私は一回買ったものはよほどの事が無い限り売らないつもりです。手数料の無駄を避けたいというのも理由の一つですが、なによりも「長く持っていればあがるだろう」という適当な理由によるものです。だからエマージング株の比率が高くなっていますが、特別売るつもりはありません。

■ブログランキング参加中■
投資に役立つブログがいっぱいです♪
人気ブログランキング 外為ランキング にほんブログ村 為替ブログへ FC2ブログランキング 投資ランキング倶楽部
外国為替投資ランキング

2005/12/10(土)
 どうして国際分散投資を行なうのでしょう?私の場合を考えてみました。

 銀行預金よりも圧倒的に有利なリターンが期待できる(私の場合年利7%狙い)のが最大の理由なのですが、当然元本を割れる危険性もあります。

 そこで、国際分散投資の出番です。ある程度のリターンを狙いながら、リスクを最大限回避するのが私が理想的だと思うポートフォリオです。

 たとえば、日本株がポートフォリオの30%だとして、東京で大地震があり日本株が50%に減ってしまったとしても、資産全体から見れば15%の損害で済みます。また、そのようなときは円安が急激に進むである事が想定されるため、資産全体としては恐らく大きな損害にならないと考えています。

 私の考える理想的な国際分散投資とはリスクを最大限下げるとともに、安定したリターンを上げるものです。

 積極的な値上がりを追いかけて3年単位では今のポートフォリオよりも圧倒的に高いリターンを得る事はおそらく可能だと思います。3年で200%程度も狙おうと思ったら狙えます。実際に外国為替証拠金取引ではそのようなハイリスク・ハイリターンな投資を行なっています。

 ただし、私の場合、10年の長期で常勝を誇る自信がありません。上がれば下がるのが相場の常、儲ければ損するものです。それを自認しているからこそ、リスクを最大限下げる事ができる投資も行なっているのです。

■ブログランキング参加中■
投資に役立つブログがいっぱいです♪
人気ブログランキング 外為ランキング にほんブログ村 為替ブログへ FC2ブログランキング 投資ランキング倶楽部
外国為替投資ランキング

2005/12/10(土)
 物価連動債の買い付けを始めました。銘柄は以下の通り。

   DKA物価連動国債ファンド(未来予想)
   世界物価連動国債ファンド(物価の優等生)

 マネックスが手数料無料キャンペーンを行なっていたため、口座を開いて上記の2ファンドを12月中に25万円まで購入します。買付け方法は毎週月曜日に一定金額を買い付けていきます。

 ①2006年の予算配分で投信全体の資金が500万まで達するため、分散投資の必要が高まっている

 ②手数料無料の現在にある程度まで金額を積み上げてしまいたいため

 ③2006年から本格的な景気回復が始まりそうなので、現在はインフレ対策となる物価連動国債の買付け時だと思われるため

 上記が主な理由になります。特に①が最大の理由となります。

 12月はボーナスが出て手元資金が潤沢にあるため、従来のアセットクラスへの投資を減らして、新しいクラスへの国際分散投資を進めていきたいと思います。

■ブログランキング参加中■
投資に役立つブログがいっぱいです♪
人気ブログランキング 外為ランキング にほんブログ村 為替ブログへ FC2ブログランキング 投資ランキング倶楽部
外国為替投資ランキング

2005/12/07(水)


 投資を真剣に勉強している人に、現在最もお奨めの一冊。
 マーコウィッツやボーグルなど、投資界の巨匠たちの考え方を一冊にまとめた非常にすばらしい、まさに名著。
 効率的フロンティア、行動ファイナンス、CAPMなど現代投資理論をまとめて勉強できる。
 投資理論をステップアップさせたい人は避けて通れない一冊である。

【こんな人にお奨め】
①現代投資理論を真剣に勉強したい方
②自身の投資理論をワンランク・ツーランクアップさせたい方

■ブログランキング参加中■
投資に役立つブログがいっぱいです♪
人気ブログランキング 外為ランキング にほんブログ村 為替ブログへ FC2ブログランキング 投資ランキング倶楽部
外国為替投資ランキング

2005/12/07(水)
 ただいま、マネックス証券が投信35本手数料無料キャンペーンをやっています。

 実は私、E*Trade、Kabu.com、トヨタFS証券、さわかみ、ソニー銀行、東京三菱銀行など投信口座をかなり分散させているのですが、これを機にCitiBankとマネックス証券にも口座を開く事にしました。

 買いたい投資信託があるのが最大の理由ですが、ここまで口座が分散されてくると評価損益が分かりにくくなるものです。

 しかし、私の場合、すべてエクセル管理をしているので、あまり関係ありません。月毎に購入額と口数、評価損益を算出しています。

 このエクセルファイルがなくなると一気に私の投資信託の履歴が分からなくなるのでSDカードとHDDで同期させてつねにバックアップを取っています。当然ですが、エクセルにはパスワードをかけてセキュリティー対策もしてあります。

■ブログランキング参加中■
投資に役立つブログがいっぱいです♪
人気ブログランキング 外為ランキング にほんブログ村 為替ブログへ FC2ブログランキング 投資ランキング倶楽部
外国為替投資ランキング

2005/12/06(火)
 私の投資法を思いついたときに更新して行きたいと思います。

 まず、最初は「レバレッジは低く」という事です。

 FXは下手をするとレバレッジ100倍で取引を行う事ができます。私がブログで運用している資金量でさえドル円が1円振れるだけで100万儲かったりするようなポジションを立てることができます。
 逆に言えば、1円反対側に動けば100万損をするということです。これでは、ちょっとした事件があれば1日で相場から退場という事になりかねません。

 相場でよく言われることに「生き残ったものが勝ち」という格言があります。相場から退場さえしなければいつでも再起を期すことはできます。しかし、資金を失ってしまえば二度と相場と対峙することはできません。

 よって、「レバレッジを低く」して身の丈以上のポジションを持たないのが一番なのです。

 では、具体的にどれくらいのポジションを持つかといえば、私はレバレッジ10倍以上は危険域と考えています。例えば、私の場合300万の資金からスタートしたので、ドル円の場合、30万通貨単位=30万ドル(1ドル100円換算で3000万円)以上のポジションを持ったときは勝負に出ていると考えています。

■ブログランキング参加中■
投資に役立つブログがいっぱいです♪
人気ブログランキング 外為ランキング にほんブログ村 為替ブログへ FC2ブログランキング 投資ランキング倶楽部
外国為替投資ランキング

2005/12/05(月)
【日本のシャカイ】ニュースを見る目が変わる!~日本の社会~

 ひょんな事からリアル友人が投資系のブログを持っているという事が判明したので相互リンクしてみました。なかなか、豪快に株をやっているようで、運用成績も抜群です。それ以外にもアフィリエイトでもかなり稼いでいるらしく、そのお金を惜しみなく有料情報に使っているようです。
 私は株はメインではやっていませんので、株の情報を知りたい方は是非見てみてください。


 話は変わりまして、FXの記事をあまり書いていなかったので、そろそろ外国為替証拠金取引の運用スタイルについて紙幅を割いてみようかと思っています。


PS.野ブタ。をプロデュースにかなりハマっています。主演の亀梨和也君良いね。でも、金田一はいただけない。堂本剛を見て育った世代なのでいまいちしっくりきません、、、。堂本君でもう一度金田一の新シリーズやらないかな。ちなみに、山下智久君との青春アミーゴ最近かなり聞いてます、、、。

■ブログランキング参加中■
投資に役立つブログがいっぱいです♪
人気ブログランキング 外為ランキング にほんブログ村 為替ブログへ FC2ブログランキング 投資ランキング倶楽部
外国為替投資ランキング

2005/12/04(日)
 投信の銘柄選びというのは非常に楽しいものです。私も常に新しいファンドを探していますが、なかなかよいものには出会えません。そこで、私が現在良いと思って購入しているものと、購入を迷っているものについて書いてみたいと思います。
 金額が大きくなればなるほど、広範囲に分散させるのが基本なのですが、債券やオルタナティブに過剰に重きを置く必要は無いと考えています。
 ポートフォリオのベータを下げるために債券やオルタナティブを購入する、という基本を忘れないでおきましょう。その最適配分について、人それぞれ異論はあるでしょうが、私は30~40%程度が上限かと思っています。

 日本株がこれだけ広範囲に上があると同時に、円安が進んでいるためなかなか買いたいファンドにも買いを入れられませんが、毎月積立は細々と続けて行こうと思います。

■現在購入中銘柄■

▼日本株
トピックスオープン(手数料:0 信報:0.651 留保:0)パッシブ日本株のコア
さわかみファンド(手数料:0 信報:1.05 留保:1.5)投資方針に好感が持てるため。日本株サテライト

▼外国株
中央三井外国株式インデックスファンド(手数料:1.05 信報:0.84 留保:0.2)パッシブ外国株のコア

▼エマージング株
HSBCチャイナオープン(手数料:3.15 信報:1.89 留保:0)中国の成長力期待とファンドの好成績
HSBCインドオープン(手数料:3.15 信報:2.1 留保:0)インドの成長力期待とファンドの好成績
SG東欧ロシアファンド(手数料:1.05 信報:0.92925 留保:0.3)ロシア・東欧の成長力期待とファンドの好成績

▼外国債券
中央三井外国債券インデックスファンド(手数料:1.05 信報:0.735 留保:0.1)パッシブ外国債券のコア
三菱UFJ外国債券オープン(毎月分配型)(手数料:1.05 信報:1.05 留保:0.3)外国債券のサテライト

▼REIT
DKA J-REITインデックスファンド(毎月決算型)(ビルオーナー)(手数料:1.575 信報:0.6825 留保:0.3)日本REITのコア
DIAMワールド・リート・インカム・オープン(毎月決算コース)(世界家主倶楽部)(手数料:2.1 信報:1.659 留保:0.3)海外リートのコア

■監視中銘柄■

▼日本株
インベスコ店頭・成長株オープン(手数料:1.05 信報:1.05 留保:0)日本成長株を拾いたい為
日本トレンド・セレクト/ハイパー・ウェイブ(手数料:1.05 信報:0.966 留保:1.0)この日本株の上げ相場を捉えたいため

▼コモディティー
メリルリンチ・ゴールド・ファンド(手数料:2.1 信報:2.1 留保:0)コモディティーでは他に良い物が見つかりません

▼ヘッジファンド
ソル・ジャパン・ファンド(手数料:3.15 信報:1.5+実績報酬20.0 留保:0)将来的にヘッジファンドは組み入れたい

▼インフレ連動国債
世界物価連動国債ファンド(物価の優等生)(手数料:1.05 信報:0.945 留保:0.2)世界のインフレ対策
DKA物価連動国債ファンド(未来予想)(手数料:0.525 信報:0.42-0.63 留保:0.1)日本のインフレ対策


 もしもこれ以外に良いファンドをご存知の方がいたら是非教えて欲しいと思います。いつも情報に飢えています(笑)。

■ブログランキング参加中■
投資に役立つブログがいっぱいです♪
人気ブログランキング 外為ランキング にほんブログ村 為替ブログへ FC2ブログランキング 投資ランキング倶楽部
外国為替投資ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。