外国為替証拠金取引(FX)でハイリスク投資!投資信託で堅実に国際分散投資!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ブログランキング参加中■
投資に役立つブログがいっぱいです♪
人気ブログランキング 外為ランキング にほんブログ村 為替ブログへ FC2ブログランキング 投資ランキング倶楽部
外国為替投資ランキング

2006/05/02(火)
シリーズ1:2006/02/26 リスクとリターンの関係について思う
シリーズ2:2006/03/16 リスクとリターンの関係について思う2
シリーズ3:2006/03/21 リスクとリターンの関係について思う3

 さて、GWでちょっとだけ時間があるので、コツコツと書き続けているシリーズの続きを書いてみたいと思います。シリーズ2でリスク管理の方法として3点あげましたが、今回はそれをこまかく検証してみたいと思います。


 ①ファンダメンタルズ分析
 ②テクニカル分析
 ③資金管理


 上記の中で一番重要なのは③の資金管理です。それは言うまでもありません。①と②はあくまでも付加的な要因にすぎません。③さえしっかりできていれば相場から退場する事はありませんし、利益を積み上げて行く事ができると思います。

 なお、このシリーズは主にアクティブな投資を行っている人向けに書かれているので、例えば投資信託の積み立てなど、パッシブな投資をメインとしている人は読み飛ばしてもらった方が良いかも知れません。


■ファンダメンタルズ分析

 投資家が取りうる戦略には大きく分けてファンダメンタルズ分析による大きなうねりを取るマクロ戦略と、テクニカル分析に基づく戦略あります。

 ヘッジファンドが取る戦略としてグローバルマクロというものを聞いたことがあるかも知れません(これは、世界的に相場の大きな流れを見て、大きなトレンドが発生しそうな金融セクターにポジションを築くもので、たとえば昨年の日本株の上昇はマクロ戦略に基づいて海外から資金が流入した結果が大きな一因となっています)。また、長期投資家が月足ベースで取る戦略も基本的にはマクロ的な戦略になります。

 特徴は、長期チャートをベースに相場の大きなうねりを見つつ、経済諸条件を分析して、長期的にどのように動くかを分析するものです。メインとして使われるのは経済データと指標、政治リスク、地政学的なリスクなどのツールになります。

 為替で言えば、日本は景気回復を鮮明にしており、ゼロ金利解除が見込まれる事から長期的にドル円100円を割ることを予想する、などはマクロ的なファンダメンタルズ分析にあたります。

 リスク管理を行う場合、このファンダメンタルズ分析をまず最初に行うべきで、この大きなうねりに乗るにしても逆らうにしても大局を見失っていては、成果はおぼつきません。当たれば利益は相当に大きなものになりますが、また損失も大きくなる傾向にあります。個人的な経験では、①経済条件、②政治リスク、③地政学的なリスク、の順に検討していくのが分かりやすいと思います。特に政治リスクが経済条件を覆すなんていうことはマクロ分析ではよくある事です。

 私個人としては、典型的なスウィングトレードでレバレッジを効かせた証拠金取引を行っている関係もあり、ファンダメンタルズ分析はあくまでも参考として頭に留めておくべき部類のもので、それが投資行動に大きな影響を与えるべきものではないと考えています。そもそも、それほど長期のうねりを取ろうとも考えていません。

■テクニカル分析

 週足ベース以下のチャートでMACD、ストキャ、一目などのテクニカルを分析し、どちら側に動くかを分析する事が最大の特徴になります。

 スキャルピング(超短期)、デイトレード(短期)、スウィングトレード(中期)、ポジショントレード(長期)などに分かれますがそれぞれによって見るチャートの時間軸が異なってきます。

 テクニカル分析で一番最初に見るべきなのは、現在が持ち合い相場なのか、トレンドが発生している相場のか、という点になります。もちろんスキャルやデイトレではあまり関係ないのですが、、、。それは置いておいて、どうしてこれを最初に見るのかとういと、持ち合い相場とトレンドが発生している相場では取るべき戦略が異なるからです。持合相場ではカウンタートレンド戦略(逆張り)が有効で、トレンドが発生している相場ではトレンドフォロー戦略(順張り)が有効だからです。持ち合い相場でトレンドフォロー戦略をとってもちぐはぐで損失を大きくするばかりです。カウンタートレンド戦略をとれば爆益を上げられます。

 テクニカル分析で次に重要なのが入り口と出口です。まず入り口からですが、これは当然どこでポジションを構築するか、です。リスクとリターンの関係を計ったものをリスク・リワード比というのですが、これが1:3以上有利になる(と思われる)ポイントでしかポジションを取らない、というのが基本になります。要するに、予想される損失が1000円だとしたら、予想される利益が3000円になる、というようなポイントでしかポジションを取らない、という事です。カウンタートレンドで言うと、持ち合い相場の両端でポジションを築くとリスクリワード比が1:3以上になる事が多くなります。トレンドフォロー戦略では、押し目買いや戻り売りを行うと1:3以上になる事が多くなります。

 ポイントは、まず想定される損失を決定する、という事です。カウンタートレンドで持ち合い相場の両端でポジションを築く場合、明確に持ち合い相場の飛び越えてトレンドが発生してしまうポイントがあり、そこをロスカットポイントとします。これで損失の額が確定されます。これを、持ち合い相場が続いた場合の予想される利益と比べれば良いだけです。

 スウィングトレーダーにしても、ポジショントレーダーにしても、明確に意識しておく事は、サポートライン~レジスタンスラインまでを取ることが典型的な行動として現れるという事です。これを意識しておけば、具体的に使うテクニカル指標はなんでも良くなります。MACDでもRSIでも好きなものを使ってください。

 ちなみに、私はテクニカルで見るのは一目だけです。そもそもテクニカルはだましが多いのであまり参考にしていません。テクニカルを見ることで雑念が生じてしまいます。一目を参考にしつつ、あとはひたすらチャートを見ています。飽きるほどチャートを見ています。チャートのサポートとレジスタンスがどこにあるのか、それをひたすら見ています。

■資金管理

 私が相場の秘訣というものを聞かれたら、一番に挙げるのは資金管理になると思います。それくらい、資金管理は重要なものです。

 資金管理の最大のポイントは、どれだけ負けても大丈夫かを決定する、という事です。

 一般的に一回の取引で、普通の人が負っても問題ないとされる損失は5%と言われています。100万で株をやっている場合、一回で負える損失は5万円までということにあります。逆を言えば、5万円の損失が発生したら損切りをして次のトレードに移る、という事になります。この5%という数字の妥当性は別として、この一回に負っても良い損失を意識する、という事は非常に重要です。損切りできずにズルズルとポジションを引きずると、相場から一発退場になる、という可能性を高くします。

 私もこの資金管理では何回も痛い目を見ています。最近では損失を確定できずに一ヶ月で500万程やられた事もあります、、、、。この辺は行動ファイナンス的にも難しいのですが、やはり資金管理は重要です。

 さて、資金管理では損失額を確定させる事が重要になるといいましたが、反面、どれだけのポジションを相場につぎ込むか、という事も重要になります。100万の資金の内、80万をつぎ込んで10%勝つと、8万の利益になります。これを行うのは簡単です。ところが、これば1000万の資金になると話は別になります。1000万の資金の内、800万をつぎ込むと、1%勝つだけで8万円の利益になります。これを10%まで我慢できない人が多くいます。これでは、利小損大になり、いつか相場から退場する事になります。

 資金管理の次の妙味は、相場にさらす資金の比率を常に一定にするという事です。個人的な目標金額が一億で、すでに達成したから、比率を小さくする、というのならば良いのですが、金額が大きくなるほどこの比率を無意識の内に下げてしまう(=金額が大きくなると、それだけ小さな動きでも利益の絶対金額が大きくなる、という心理的な壁があるため)人が多くいます。

 分かりやすいように証拠金取引のレバレッジで言うと、100万の時にレバレッジ10倍で取引を行うなら、例えば1000万になろうが、レバレッジは10倍でなければいけない、という事です。これをポジションサイジング一定の法則と言います。もちろん、難しい相場、簡単な相場によってポジションサイジングを可変させる事は良いのですが、これはそのことをちゃんと意識して行っているか、という条件が付きます。

 資金管理=損失とポジションサイズを意識する事なのです。前回、洞窟経済の話を引用しましたが、危険とうまく付き合い、コントロールする事は非常に難しい事です。これを、合理的に行う方法が資金管理なのです。なんの武器も持たずに敵に当たっては不安を払拭する事はできません。資金管理という武器を持って、勇気を振り絞って相場に向かってのみ大きな果実はもたらされるものだと思います。



 さて、ここまでツラツラと書いてきましたが、ちょっと分かり難かったでしょうか?私が超アクティブな証拠金トレーダーであるため、偏った内容になっているかも知れません。分かり難い部分があれば、指摘していただけばより詳しく書く事にします。参考までに、私はポジションサイズを意識的に現在大きくしています。許容できる損失を数10%に置いています。最近、FXで大きな利益を上げている秘訣はここにあります。

 ちなみに、一番最初に書いた投資信託などのパッシブな投資でのリスク管理なのですが、すでに様々な本で触れられていますが、ひたすら経費を下げて、適切なアロケーションとドルコスト平均を実践していく事が過去の事例からみてほぼ間違いない解だと思われます。
スポンサーサイト

■ブログランキング参加中■
投資に役立つブログがいっぱいです♪
人気ブログランキング 外為ランキング にほんブログ村 為替ブログへ FC2ブログランキング 投資ランキング倶楽部
外国為替投資ランキング

2006/05/01(月)
 低金利が長らく続いた日本ですが、マーケットではゼロ金利解除の期待が高まっています。とは言え、まだまだ低金利な日本。そこで、元本が確保されていて(とはいえ、倒産などの信用リスクがある事は理解しておきましょう)有利なお金の預け先をまとめて見ました。

機関 名称 年利 HP 備考
新生銀行 パワードワンプラス
5年満期特約つき10年
前半1.5%
後半1.6%
HP 仕組み定期
新生銀行 ニューパワードプラスワン
3年満期特約付き5年
前半1.0%
後半1.2%
HP 仕組み定期
イーバンク銀行 アコーディオン
4年満期特約つき7年定期
1.4% HP 仕組み定期
東京スター銀行 右肩上がり円定期
6年満期特約つき10年
当初3年1.35%
次の3年1.45%
次の4年1.75%
HP 仕組み定期
あぞぞら銀行 エクセレントファースト
4年満期特約つき7年
前半1.4%
後半1.5%
HP 仕組み定期
あおぞらダイレクト定期 300万以上 半年複利
5年 1.2%
3年 0.90%
1年 0.30%
HP  
オリックス信託銀行 eダイレクト預金 大口定期 1000万円以上
半年複利
5年 1.10%
3年 0.82%
スーパー定期300 300万以上
半年複利
5年 1.00%
3年 0.72%
HP  
有限会社 安愚楽牧場
(農業生産法人)
和牛オーナー制度 2年30万~各種
年率3.2%~4.5%
HP 雑所得のため20万以上は確定申告必要
有限会社 JM牧場
(農業生産法人)
黒豚オーナー制度 1年半100万
年利6%
HP 雑所得のため20万以上は確定申告必要

 やはり今はやりの仕組み定期は魅力的な金利を提示しています。しかし、今後金利の上昇を見込めるため、現時点では非常に微妙です。

 現時点での個人向け国債の利回りが10年変動で0.85%、5年固定で1.01%になります。

 10年変動の個人向け国債は、金利上昇に対応することができますが、上記の仕組み定期よりも金利が上がるかと言えば、、、、ちょっと微妙ではあります。自分のニーズに合わせて、上手に預けていきましょう。

 個人的な意見ですが、和牛・黒豚オーナー制度は長い信頼があり、預け入れ期間と金利を比べた場合、かなり有利ではないかと思います。信用リスクを意識しながらも資産の一部を預けてみるのも面白いのではないかと思います。より安全な投資を選ぶ場合、仕組み定期は10年はゼロ金利解除を考慮すると長すぎるので期間が短いものを選ぶほうが良い気がします。どちらにしても、資産のすべてを預けるべき性格のものではないので、余裕資金を預けるのに留めておきましょう。

 ※上記はあくまでも2006年5月1日時点での金利です

■ブログランキング参加中■
投資に役立つブログがいっぱいです♪
人気ブログランキング 外為ランキング にほんブログ村 為替ブログへ FC2ブログランキング 投資ランキング倶楽部
外国為替投資ランキング

2006/04/30(日)
 GWでちょっとだけ時間があるので、ちょっとだけ分析してみましょう~♪

■ブログ開設時からの資産推移
2006年4月までの資産推移


 順調に資産は増えています♪あまり気にしていませんでしたが、2倍以上になっています。3倍目指してがんばります!

■投資信託含み益推移
2006年4月までの投信含み益推移


 投資信託の含み益推移をブログ開設時からTOPIXとMSCI KOKUSAIの増減と比べてみました。
 サンプル数がまだ少ないためあまりはっきりしたことは言えませんが、TOPIXをフォローした曲線になっているような気がします。もちろん、TOPIXよりもカーブはなだらかになっているのですが。
 含み益については今後も監視を続けていき、あまりにもTOPIXをフォローするようなら、日本株の比率を下げる事も検討していきたいと考えています。


 以上、ちょっとだけ分析でした~♪

■ブログランキング参加中■
投資に役立つブログがいっぱいです♪
人気ブログランキング 外為ランキング にほんブログ村 為替ブログへ FC2ブログランキング 投資ランキング倶楽部
外国為替投資ランキング

2006/03/21(火)
シリーズ1:2006/02/26 リスクとリターンの関係について思う
シリーズ2:2006/03/16 リスクとリターンの関係について思う2

 前回、リスクコントロールについて思うことを書きましたが『1兆円とレーダーに学ぶ投資の摂理』(寺西功、2006年、東洋経済新報社)に分かりやすい例が載っているので紹介したいと思います。内容は要約してありますので、本文を読みたい方は本を買ってみて下さい。


 はるか昔、人類がまだ洞窟経済をスタートさせたばかりの頃の話です。洞窟には8家族が住んでおり、半径1キロ四方は狩人8人達が毎日狩りに出かける地域でした。

 獲物は少なく、せいぜい兎や野鼠、たまに迷いこむご馳走である猪が捕れる程度で、家でまっている家族達は常にひもじい思いをしていました。

 ある日、チャレンジ精神のある一人の狩人が、子供を満腹にさせたいと思いもっと遠くに行かないかと提案しました。そこは獲物は豊富ですが、深い谷や恐ろしい猛獣が待ち構えるきわめて危険な「禁断の地」です。

 8人の狩人の内、4人が賛成して出かける事になりました。残りの4人は反対して、今までどおり安全ですが獲物の少ない地域で引き続き狩を続けました。

 禁断の地に向かった4人の狩人のうち、一人は猛獣に襲われて、一人は深い谷にすべり落ちて大怪我を負いました。かつての安全な地での狩もままならないことになってしまいました。

 しかし、危険を避ける能力に恵まれた二人の狩人は、毎日たくさんの獲物を持って帰り、その家族の貯蔵庫には食べきれない程の食料が蓄えられる事になりました。

 こうして、経済の原点ともいうべき洞窟経済に貧富の差が発生したのでした。


 上記の話は非常に示唆に富むものではないと思いませんか?リスクを取って禁断の地に出かけた狩人のうち、リスクをコントロールできたものだけに大きな富がもたらされています。リスクを取らなかった狩人たちには今までどおりの貧しいながらも安全な生活が約束されています。

 投資においてリスクを取ることも同様で、リスクを取ることによってのみリターンがもたらされるのですが、リスクコントロールに失敗すると、リスクを取らなかった人たちよりも貧しい生活になってしまうかもしれません。

 このブログを読むようなあなたはすでに投資は行っているのでしょうが、結果を大きく分ける「リスクコントロール」を行っていますか?私もまだまだですが、このブログを通して皆さんと一緒に勉強していけたらなぁ、と思っています。



■ブログランキング参加中■
投資に役立つブログがいっぱいです♪
人気ブログランキング 外為ランキング にほんブログ村 為替ブログへ FC2ブログランキング 投資ランキング倶楽部
外国為替投資ランキング

2006/03/16(木)
 今回も非常に基本的ですが、投資を行う上で絶対に理解が必要なリスクについてさらに考察を深めてみたいと思います。

 前回記事:リスクとリターンの関係について思う(2006年2月26日)

 投資の世界では、より大きなリターンを求める場合、それに見合ったリスクを取ることが必要とされます。これが大前提です。

 裁定取引のように確実性の高い取引も存在しますが、効率的な市場では、裁定機会があればそれはすぐに他者によって解消されてしまうため、裁定機会は基本的に存在しないと定義されます。逆に言えば、裁定のチャンスを与える事は他者を高い確実性(=低リスク)で儲けさせてしまうため、裁定機会を与えないのが原則とも言えます。ここらへんの議論は難しいので深くは述べませんが。

 さて、今回は考察をさらに深めてリスクのコントロールについて考えてみたいと思います。

 リスクを取る、を考えると以下のような結果が(極端ですが)考えられます。

 ①リスクを取らない = リターンも低い
 ②リスクを取ったが大損をして原資をすべて失った
 ③リスクを取って大儲けして家を買った


 ①については言わずもがななのですが、銀行預金などがこれにあたると思います。信用リスクはあるものの、ほぼノーリスクでわずかばかりの儲けを出すことができます。インフレ率に負けてしまう可能性もありますが、、、。

 では②と③の違いはどうして発生したのでしょうか?私の主戦場である為替を例に考えてみると、ドル高になるか、ドル安になるかの2者択一のどちらかに賭けて予想が当たったか外れたか、によって結果が分かれます。一見すると50%の賭けに勝ったかのような印象を受けるかもしれませんが、実は違います。

 ②と③の共通している行動はリスクを取る、という点で、結果だけが異なっています。この違いを発生させる重要なファクターこそが「リスクコントロール」なのです。

 投資の世界ではリスクをコントロールする事により結果に大きな違いが発生します。

 さて、ここからは私見になるのですが、このリスクコントロールで大きな役割を果たすと私が考えているのが以下の3点です。

 ①ファンダメンタルズ分析
 ②テクニカル分析
 ③資金管理


 この3点を抑える事により「リスクをコントロールする」事ができるようになる、と考えています。このように書くと皆さん自分も上記の3点くらいは理解している思われるかもしれませんが、実際の取引にこの3点を応用している人は非常に少ないと思います。

 以上3点をルール化して守っていますか?私はFX取引では私なりのルールを設けて、それをしっかりと守っています。

 リスクを適正にコントロールせずに、リスクだけを取るような行為は、厳につつしむべきだと私は思っています。言うなれば武器を持たずに戦場につっこむようなものです。地合いに関係なく勝利できる取引方法を身につけたいなら上記3点を常に見直すべきだと思います。

 ということで、上記3点の詳細はまた時間ができたときに書きたいと思います。

■ブログランキング参加中■
投資に役立つブログがいっぱいです♪
人気ブログランキング 外為ランキング にほんブログ村 為替ブログへ FC2ブログランキング 投資ランキング倶楽部
外国為替投資ランキング

2006/02/26(日)
 私がいつも楽しみにしている某巨大掲示板を読んでいて思うのですが、最近投資を始めたばかりで基本となる知識が欠落したまま議論を行なっている人が多いと思う、、、、ような気がします。ま、私もあまり偉そうな事を言える立場ではありませんが。

 というわけで、正当な投資家として必要なリスク・リターンの関係について、基礎の基礎ではありますが、再度考察してみたいと思います。


 ①値下がり=リスクである
 ②値上がり=リターンである
 ③値下がり=リスクを取ることによって、値上がり=リターンを追及しているのだ


 さて、この3つの命題は正しいのでしょうか?
これを正しいと思う人は投資を一から勉強した方がよろしい
、という結論になってしまいます。このように考えている人達は非常に多いのですが、、、、

 投資におけるリスク・リターンの正しい理解を以下に示します。


 ・リスク=結果の不確かさ(ほぼボラティリティーと同義ですが完全に同じではありません)
 ・リターン=リスクの結果もたらされるプラスorマイナス


 ここで分かりやすいように例を考えて見ましょう。

 例えば「高速道路を走っている車に飛び込む」場合のリスクとリターンが分かりますか?


 リスク=ほぼ100%の死亡になります。結果があまりにも確かなので、この場合不確実さは無くなり、リスクはほぼゼロになります

 リターン=マイナス∞(=死亡)


 理解できますか?では、分かりやすいように別の例を挙げてみましょう。「普通に走っている自転車に飛び込む」場合はどうなるでしょうか?


 リスク=頭の打ち所が悪ければ死亡するかも知れません。もしかしたらカスリ傷一つ負わないかも知れません。よってリスク=結果の不確実さは大きなものになります。よってリスク=大となります

 リターン=0~マイナス∞の流動的なもの(プラスになる場合もあるかもしれませんが、、、ここでは無視します)


 さあ、ちょっと奇妙に聞こえるかもしれませんが、この理論に納得できますか?この基本を理解できないと、投資を議論する事はできません。

 車に飛び込んだ場合=リスク小、自転車に飛び込んだ場合=リスク大になるのです。



 ここで唐突ですが某巨大掲示板で最近話題となっているインデックスファンドVSアクティブファンドについて考えてみると、インデックス=リスク小、リターン小、アクティブ=リスク大、リターン大になるのは分かっていただけると思います。この2者を論じる場合には、自己のリスク・リターン許容度が問題になるので、ここを明らかにしないまま議論を行なうとかみ合わない議論になってしまいます。

 長期投資家とは基本的に、リスクを最小限に抑えてリターンを最大化するアプローチを取るため、インデックスが向いているのは言うまでもありません。短期投資家の場合は逆になるのですが、こちらはどちらかと言うと投機家のアプローチになりますね。

 昔は某巨大掲示板の投資信託スレには長期投資家しか居なかったのですが、昨今の投資ブームで短期投資家が多数流入し議論がかみ合わなくなっているように思われます。短期投資家の皆さんにはリスク・リターンと投資アプローチについて基本を勉強される事を望みます。と、再度言いますが、私も勉強中なので偉そうな事を言える立場ではありませんが(笑)

■ブログランキング参加中■
投資に役立つブログがいっぱいです♪
人気ブログランキング 外為ランキング にほんブログ村 為替ブログへ FC2ブログランキング 投資ランキング倶楽部
外国為替投資ランキング

2006/02/20(月)
 色々なところで投資関係のブログを見つけますが、あまりプライベートな話をしない人が多いので皆さんがどのような趣味を持っているのか分かりません。実は私はここらへんに非常に興味があります。

 そこで、某掲示板を覗いていると「ドケチの趣味」というスレがあり、思わず見入ってしまいました。

 いかにお金を賭けずに時間を過ごすか、という内容なのですが、これが結構参考になると言うか、人それぞれというか。色々と見てみると面白いのですが、やっぱり多いのは「図書館で読書」「パソコン」「散歩」というような所です。

 私の趣味はと考えると、、、、人に胸を張って言えるようなものはとてもありません。ですが、休日や時間の空いたときに家でやっている事と言えば、

 ・投資関係の読書
 ・パソコン(HP更新、ブログ更新、ニュース、掲示板)
 ・英語の勉強
 ・HDDレコーダーで取り溜めたテレビを見る

 くらいです。これを趣味と言って良いのか、、、、。

 「趣味は?」と聞かれて「投資です」というのはちょっと寂しすぎる(笑)のですが、基本的に長期投資家なので別に毎日する事も無く、常に良い投資先は無いものか探しているくらいです。

 英語の勉強は投資関係の情報を仕入れるのにけっこう重要なので日々勉強しています。と言うとカッコイイのですが、仕事に必要なだけというのもあるのですが、、、。あと、海外旅行が好き、というのも大きいのですが。

 人に言える趣味というと、、、悩むところですね。皆さん何か趣味を持っていますか?

 PS.最近、料理もけっこう楽しくてこれも趣味と言えるのかも知れません

■ブログランキング参加中■
投資に役立つブログがいっぱいです♪
人気ブログランキング 外為ランキング にほんブログ村 為替ブログへ FC2ブログランキング 投資ランキング倶楽部
外国為替投資ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。